福利厚生・社内の取り組みINITIATIVE

福利厚生

有給休暇取得日数

有給休暇取得日数

ワークライフバランスにもきちんと配慮。社員から「有休を取りやすい雰囲気」との声が多く聞かれます。

月の平均残業時間

月の平均残業時間

部署ごとに多少の違いはありますが、全体的に残業は減少傾向です。プライベートの予定も立てやすいでしょう。

育休取得後の復職率

育休取得後の復職率

育休を取得した全員が職場に復帰。さらに時短勤務を活用すれば、途切れることなくキャリアを継続できます。

制服支給

制服支給

入社した社員一人ひとりに、真新しい1着目の制服を支給。仕事に臨む気持ちもキリリと引き締まります。

教育制度

教育制度

企業の成長は人づくりから。行動計画の作成、ベクトル勉強会、働く環境の整備などを通して人材を育成します。

資格取得制度

資格取得制度

地盤改良における「住宅地盤技士」など、業務に必要な資格取得をサポートし、成長を後押しします。

社員育成

行動計画作成

一体感と推進力がアップ

事業に応じて6部門にグループ分けし、半期ごとに行動計画を作成しています。さらにリーダー同士が毎月進捗を報告し合い、お互いの課題を共有。必要があれば、部門を超えてサポートに入るなどして状況の改善を図っています。この取り組みを始めてから会社の雰囲気が変わり、社員同士の協力体制が強まりました。

一体感と推進力がアップ

ベクトル勉強会

価値観を合わせて成長

全員参加の社内勉強会。週に一度、経営計画書を読み合わせ、改めて会社の方針を理解した上で仕事に臨んでいます。さらに「愛」や「見切り発車」など、毎回一つのキーワードについて社長が見解を示し、価値観を合わせる試みも。ベクトルを共有することで、一丸となって会社の力を高めていく狙いがあります。

価値観を合わせて成長

環境整備

モノから入って心に至る

仕事のしやすい環境をつくることが第一歩。掃除や整理整頓を徹底することで、モノを探す時間が減るだけでなく、散らばった工具で怪我をするなどのアクシデントも避けられます。また「モノから入って心に至る」が当社の信条。場を整えることが言動の変化につながり、それをコツコツ継続することが成長を導くと考えます。

モノから入って心に至る

社内の取り組み

手帳型経営計画書

社員の証し、三商手帳

毎年4月に配布されるシリアルナンバー入りの手帳型経営計画書。中には、年度ごとの行動計画やテーマ、数値目標のほか、社員一人ひとりの名前や組織図なども掲載されています。この一冊に込められた三商の考え方をベースに、それぞれがいかに行動すべきかを思案し、ステップアップの足がかりにしてほしいと願っています。

社員の証し、三商手帳

サンクスカード

形に残る「ありがとう」

同僚や先輩・後輩、上司などに感じる「ありがとう」の思いを、言葉だけでなく形にして贈り合う取り組み。「忙しい時のサポートに感謝!」「きれいな花を飾ってくれてありがとう」など、率直な気持ちを専用カードに書いて相手に渡します。他者に関心を持ち、理解し、円滑なコミュニケーションを構築することが目的です。

形に残る「ありがとう」

中学生職場体験

社員も育つ機会です

10数年にわたり、最大3名の中学生を受け入れて実施。各部署をローテーションする5日間のプログラムを組み、全職種を体験できるよう配慮しています。予備知識のない中学生に一から仕事を教えることは、迎える社員にとっても貴重な学びの機会に。地域貢献にもつながる取り組みとして、今後も継続していきます。

社員も育つ機会です
ページトップに戻る